パチンコ依存症 元パチプロが考察するその治療と対処法

元パチプロから見たパチンコ依存症の治療方法や、その対処法について考察するブログ

記事一覧

【出玉規制】風営法改正でパチンコ業界「倒産ラッシュ」は始まるのか?

 何かと騒がれた今回の出玉規制。一言で言うと出玉を大幅に少なくするという内容だが、ただでさえ遊技人口が減っているパチンコ業界にとっては、相当な打撃を受けることは間違いないと思う。

警察庁が風営法施行規則を改正。パチンコ業界「悪夢の倒産ラッシュ」で日本経済への悪影響とは?

パチンコ業界が断末魔の叫びを上げている。7月11日、警察庁が風営法施行規則を改正し、パチンコの出玉を大幅に減らす方針を打ち出したのだ。

ギャンブル性の低下により、ユーザーのパチンコ離れは必至の状況。今回の規制強化の真の目的とは? 今後、業界で何が起こるのか?

* * *

まずは今回の出玉規制の詳細を、パチンコ業界誌の記者が解説する。

「この方針が実施されると、一回の大当たりでこれまで2400個の出玉があったものが1500個ほどになります。また、出玉率も大幅に下がり、現行1時間の遊技時間で300%が220%未満に抑えられる。イメージとしては、現行のパチンコ台の性能が3分の2にスペックダウンすると考えればよいと思います」

この方針に頭を抱えるのは都内のパチンコ店関係者だ。

「ここ数年、パチンコ業界は不況で、参加人口はピーク時(1994年)の約3000万人から940万に激減してます。さらにパチンコ台のスペックが下がれば、その940万人もホールから遠ざかってしまいかねない。警察庁の発表後は、毎晩、ホールがガラガラになる悪夢にうなされています……」(続く)

引用元:ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00091199-playboyz-soci

» 続きを読む

国内に90万人 パチンコ、パチスロの「遊戯障害」の恐れ

 初めて聞いた「遊戯障害」という言葉。パチンコ依存症とどこがどう違うのか考えてみることにした。

<パチンコ・パチスロ>「遊技障害」の恐れ 国内に90万人

 ◇お茶の水女子大ワーキンググループら推計

 パチンコ・パチスロに過度にのめり込む「遊技障害」が疑われる状態になったことのある人が国内に推計で約90万人いることが24日、お茶の水女子大のワーキンググループと精神科医や研究者らによる「パチンコ依存問題研究会」の初めての全国調査で分かった。調査結果を公表した牧野暢男・日本女子大名誉教授(社会学)は「社会的に対策を講じるべきだ」と訴えた。

 今年1〜2月、無作為抽出した18〜79歳の男女9000人に調査票を送り、5060人(56.2%)から回答を得た。過去に精神面や家計、仕事、人間関係などのいずれかに支障が出ている「遊技障害」の疑われる状態になったことがある人は47人で、全国では約90万人と推計された。直近1年に限ると21人で、全国推計は約40万人。21人の特性を分析すると、離婚経験がある人や預貯金のない人が多かった。一方、男女や年代、学歴、職業、居住地、店舗の遠近との関連は見られなかった。
(続く)

引用元:BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0824/mai_170824_5145069980.html

» 続きを読む

小学校教頭がパチンコ店で他人のカードを窃盗

 安定の事件、そして安定の教師だ。

教頭がプリぺイドカード盗み現金着服、1か月の停職処分

 神奈川県の小学校の教頭が、他人のプリぺイドカードを換金して現金を着服したとして、教育委員会から停職処分を受けました。

 神奈川県の教育委員会から停職1か月の懲戒処分を受けたのは、藤沢市の公立小学校で教頭を務める49歳の男性教諭です。教育委員会によりますと、男性教諭は今年3月、鎌倉市内のパチンコ店でコイン購入機の中にあった他人のプリペイドカードを抜き取り、カードの残金6000円分を換金し、着服したということです。

 店内の防犯カメラに男性教諭がカードを抜き取っている姿が写っていたということで、聴き取りに対し「魔が差した」と話しているということです。男性教諭は、24日付で自主退職しました。

 教育委員会は「社会のルールを教える立場にある教員が他人の財物を窃取したことは誠に遺憾です」としています。(24日21:22)

引用元:BSNニュース
https://www.ohbsn.com/news/detail/jnnzenkoku20170825_3138295.php

» 続きを読む


プロフィール
名前:玉七郎
年齢:オッサン
性別:♂
ブログURL:http://pachinko-izon.sblo.jp/
パチンコで食い続ける「パチプロ」生活を二十余年ほど続け(パチンコライターとして生活していた頃も……)、現在は病と障害に悩む妻の面倒を見つつ、在宅でのライティング業務に携わりながら細々とした生活を過ごしている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ 
カテゴリ
最近の記事
タグクラウド
リンク集
記事検索
 
過去ログ
Copyright © パチンコ依存症 元パチプロが考察するその治療と対処法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー