打てば打つほど借金が増えるパチンコ


 年々パチプロが減少していく今日日のパチンコ事情。その理由は単に「稼げなくなったから」なワケだが、これは言葉を返せばパチンコはより負けるギャンブルに成り下がったということに他ならない。

 つまり、今のパチンコは打てば打つほど負ける=金が無くなる仕様になっているワケで、金が無くなればパチンコを打つどころの話では無くなる。


pachishakkin.jpg


 ここで正常な判断能力を持っていればパチンコを打つことなど考えもしなくなるのだが、残念なことに一度パチンコ脳が出来上がってしまった人間というのは、その後に及んでも借金をしてまでパチンコを打つようになってしまうから救いようが無い。

 この事が所謂「パチンコ依存症」の代表的な症例なのかもしれないが、この依存症を克服するには「借金をしない」事こそが重要なポイントになるはずなので、いかにして借金をしないかを考えてみたいと思う。

広告

投資金額の上限を決める


 投資金額を決めるのは基本中の基本だ。一見、ジャブジャブと銭を使っているようなパチプロでさえ、一日の投資額には上限を設けていたりする。

 無論、その上限はボーダー理論ではじき出された金額であり、「この時間から現金投資をすると期待値がマイナスになる」という裏付けからくる上限ではあるが、普通の一般客はそんなことは何も考えずにパチンコを打っているだろうから、もっとシンプルな考え、例えば「1日1万円まで」と明確な数字を叩き出してやる必要がある。


29e40213b92c5bcdc3fc2cff08400c07_s.jpg


 そのためには、上限以上の金額を財布に入れないことが大前提だ。また、最近のパチンコ屋は店内にATMを設置している店もあるので、キャッシュカード等も財布に入れないようにする。できれば「パチンコ専用財布」みたいなものを作り、どうしてもパチンコを打ちたいのであればその専用財布に金を入れて打ちに行くことをオススメしたい。


引き際を間違えない


 これも基本的な話だが、パチンコはいつ、どこで、どのくらい金を使えば大当たりするかは全くもって予見できないギャンブルである。

 例えば目の前に100回転だけ回している台と1000回ハマっている台があるとしよう。多分、ほとんどの客は「1000回も回しているからこっちの方が当たりやすいだろう」という願望を抱いて後者の台を打つかもしれないが、それは大きな間違いである事に気づくべし。大当たり確率が一緒ならば、どちらの台を打とうが大当たりする確率は一緒なのだ。

 ましてや相手は単なる「機械」なのだから、人間の願望なんか聞き入れるはずもないワケだし、その願望をパチンコ相手に押し付ける時点でまず気自分の頭が「狂ってる」と疑ることが必要だ。

 そして、この基本的な事を理解すれば、「後いくら使えば大当たりするかも……」という願望がいかに馬鹿馬鹿しくて哀れなものかが気づくだろうし、そうすればズルズルとパチンコに金をつぎ込むことも減るはず。要するにこの部分の「引き際」を明確にし、余計な金を一切使わないよう注意すれば借金せずに済むはずだ。


パチンコは借金製造機と心得よ


 運良く大当たりを引いて、確変がたまたま大連チャンすれば一時的な金を手に入れることは可能だろう。パチンコが立派なギャンブルである以上は。

 ただ、そんな一時的に得た金は「まやかし」にしか過ぎない。パチンコという魔物が仕掛けた危険な罠なのである。


640x427x00008.jpg.pagespeed.ic.awAuR6dnI_.jpg


 なぜパチンコが日本の政治経済を牛耳るような巨大産業に成長したのか、それは日本国民が必死に血と汗と涙を流して得た貴重な「金」を搾取し続けたからだ。無論その中には働いて得た金だけでなく、借金も存在していることも含まれている事も忘れてはいけない。

 そんなパチンコを、どうして「庶民の娯楽」として捉えられるのだろうか? たった一時間でン万円負けることがザラのパチンコなぞ、どう贔屓目に見ても庶民を苦しめるだけの「借金製造機」にしか見えないのだが……。

 まずはこの事実、現実をしっかりと受け止めてほしい。そうすれば、パチンコをヤメることはできなくても借金だけはすることは無くなるだろうから。

広告


おすすめ記事